MENU

デートの際に会話で「つまらない女」にならない為の注意点とは

好きな男性とデートを何回かするうちに、段々お互いの考えていることや性格が分かる様になります。
やっと彼氏が出来たと言うのに、最近彼があまりデートに誘ってくれない・・そんな時は、貴女が誘っても「つまらない女性」になってしまっている可能性もあります。
男性とデートをするときの会話テクニックというのはあるのでしょうか。

 

1.誉め言葉は単調過ぎない様に

 

会話では、男性を立てることが賢いとされています。
そこで彼を誉めようとするのは良いのですが、何かにつけて「すごい!」や「うっそー!」を連発すると、内容がない上にわざとらし過ぎる誉め言葉に聞こえ、返って男性はイライラするものです。

 

「でも、○○するなんてスゴイよね」「うっそー、普通そこまでできないよ」というように、何が凄いのか、何が信じられないのかを具体的に言い添えて上げることで、男性の話をきちんと理解しているということを伝えて上げましょう。

 

2. 返答できない言葉は避けましょう

 

女性にありがちの、すぐに「かわいいー!」「やだー」という言葉を言われると、男性は相槌を打つこともできなくなってしまいます。
「かわいいー!・・って、私だけかな?」「やだー、・・お見苦しい部分がありましたことをお詫びします」等、とっさに一言付け加え、彼が「その通り」「全然おっけー」と返して会話が成立する様に工夫しましょう。

 

3.明らかに飽きた顔をする

 

自分に関係のない話、自分に興味のない話をすると、そっぽを向いたりネイルを見たりする女性がいますが、これはかなり男性から見ても感じが悪く見えてしまいます。
もしも内容が分かりにくかったり、全く興味のない事を語られたりした場合、とりあえず一段落着くまでは語らせてあげましょう。
「・・半端じゃない情報量だね」と、やんわり自分には理解できなかったことを伝えてみましょう。

 

4.下ネタが出た時の反応

 

女性も恋愛に興味があって彼氏が欲しいのですから、下ネタが出たからと言って露骨に嫌な顔をするのでは興ざめです。
下ネタの対処法は、なるべく真面目に聞いてあげて「男って大変なんだ・・」と笑ってスルーすることです。
あまり彼が下品なことを言う様でしたら、「周りに聞こえるから、何だったら後で聞いてあげるよー」と冗談っぽく言ってみましょう。

 

終わりに

 

男性もデートの時には何を話そうかと悩んで話題を考えてきていることもあるかも知れません。
もしかして貴女が喜ぶのではと思って用意してきた話題もあるでしょうし、そんな気持ちをもつことができればどん引きされる「つまらない女」になることもなくなります。